Siro-satsuma (白薩摩)

歴史と伝統
薩摩焼の歴史
薩摩焼は慶長の昔から幾多の陶工によって受け継がれ、以来四百有余年にわたり「白さつま」「黒さつま」の伝統となって現在に伝承されております。
白薩摩とは
白薩摩
「白さつま」は本来藩主の保護のもとに国宝の重要美術品に指定され皇室への献上品ともなる数多くの名品が残されております。
その特徴は温かみのある乳白色の生地に微細な貫入(ひび)が入ったところにあり、また美麗な錦襴手の上絵付や浮彫り透彫りの技にあります。
参考作品
【重陽の宴】飾壺

※ マウスを置くと壺の角度が変わります。

さつま焼「秀苑」と薩摩焼に関連した情報をお届けいたします。
【色絵金彩鳳凰文】飾壺
参考作品 秀苑 参考作品